人事制度の設計、就業規則の作成、労務相談のプラスワン労務事務所
プラスワン労務事務所
9:00~18:00(土日祝を除く)

裁量労働制の効能。

「働き方改革」の一環として、国会で裁量労働制が議論されています。

裁量労働制は働き方を労働者に委ねることで、働きやすくなるとか、残業時間が減るとか言われます。一方では、残業時間が見えなくなるだけで、かえって長時間残業、サービス残業の温床になるのではとも。

裁量労働制にしても他の労働時間制にしても、ある意味「制度」に過ぎません。「制度」を入れただけでは実際の労働時間は減りません。仕事の平準化を図るとか、仕事のやり方を見直すなども必要かも知れません。

「働き方改革」は会社と従業員の「意識改革」とセットで取り組むことが重要でしょう。